以前、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FW、トーマス・ミュラーが練習場のピッチで電動カートを乗り回してチームメイトの邪魔をするという記事をお伝えしたが、先日の練習でまたもこんな場面が見られた。

再びミュラー、今回は愛弟子?ミッチェル・ヴァイザーを隣に乗せて暴走。

クラクション鳴らしまくりでチームメイトにはボールを当てられる一方、笑い声が聞こえるようにファンは喜んでいるようだ。その笑顔が、“走り屋”ミュラーの原動力?(おそらく違うだろう)