11月11日、『AFP』は「南アフリカ代表GKセンゾ・メイワを射殺したという容疑で逮捕された男は、証拠不十分で釈放された」と報じた。

先日世界に衝撃を与えたセンゾ・メイワ選手の殺害事件。南アフリカ代表の中核を担っている選手が強盗に襲われて突然この世を去るというショッキングなニュースは世界中を駆け巡った。

<参考>2週間前のアフリカ杯予選にも出場していた南ア代表GK、頭部を撃たれ死去

<参考>南アフリカ代表GKを殺害した容疑者1名が逮捕

事件の数日後、3人組の犯人の一人と考えられた25歳の男ザノクール・ムバタ氏が警察に逮捕され、捜査が進められていた。

しかしボクスバーグ裁判所は、ムバタ氏については「拘留するだけの十分な証拠がない」として釈放を命じ、検察はムバタ氏に対する起訴を取り下げることを決定した。

今後警察は捜査を継続し更なる証拠を集めると発表しているが、ムバタ氏の家族や友人は地元のメディアに対して「誤認逮捕である」と訴えている。