『AFP』は「南アフリカ代表GKセンゾ・メイワを殺害した容疑者の一人が逮捕、勾留された」と報じた。

先週、南アフリカ代表GKのセンゾ・メイワ選手が、ガールフレンドの家で強盗事件に巻き込まれ、頭部を撃たれ死亡した。徒歩で逃走したとされている犯人3名については早くから賞金がかけられ、似顔絵が公開されるなど大規模な捜査が続けられていた。

<参考>2週間前のアフリカ杯予選にも出場していた南ア代表GK、頭部を撃たれ死去

そして金曜日、南アフリカ検察当局は「センゾ・メイワ選手を殺害した容疑者の一人が逮捕された」と発表した。

記事によれば逮捕されたのはゼノクール・ムバタという25歳の男性。事件目撃者による面通しが行われ、その結果犯人である可能性が高いと結論付けられた。ムバタ氏は今後11日まで再拘留され、その間に担当する弁護士の選定が行われる予定となっている。

なお、他の容疑者2名については以前逃走中であり、警察は捜査を続けていくと発表している。