インテル新監督、ロベルト・マンチーニはトッテナムのウィンガー、エリック・ラメラの獲得を狙っているようだ。

『London Evening Standard』によれば、インテルの指揮官に復帰したマンチーニは4-3-1-2のフォーメーションを考えており、ラメラをチームに引き入れたいと考えているとのこと。マンチーニはインテルのスポーツ・ディレクターを務めるピエロ・アウシリオとラメラのローン移籍について話し合うつもりのようだ。

しかし、ラメラはマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下ではレギュラーとしてプレーしており、インテルがトッテナムから22歳のアルゼンチン代表を獲得するのは非常に難しいと考えられている。