ついにアーロン・ラムジーがウェールズ代表の試合で着用し、 注目を集めている『N』マーク、New Balanceのスパイク

いまだ謎に包まれている『NB』のスパイクの寄りの画像があったので紹介。 (アップの写真はこちら

アッパーはNIKEの「ハイパーヴェノム」のようにボコボコ?していて、インサイドにはadidasプレデターリーサルゾーンのような突起が見られる。

『footyheadlines』によれば、ボコボコした形状の二層構造のアッパーは2011年に同社が発表した“Minimus Zero Road”というランニングシューズ(下記画像)ですでに採用されているそう。(むろん形状は似ているが、実際の機能面でどういった相違があるかについてはまだ不明)

2015年初頭にお披露目されるのではないかと予想されている『NB』のサッカースパイク、要注目である。