アトレティコ・マドリーのFW、アレッシオ・チェルチはインテル移籍を望んでいるようだ。

『TuttoMercatoWeb』によれば。、チェルチはインテルのロベルト・マンチーニ監督から高く評価されている事を理解しており、1月の移籍ウィンドウでイタリアへ戻る事を切望しているとのこと。

チェルチは夏にトリノからアトレティコ・マドリーに加入。移籍したジエゴ・コスタの穴を埋める存在として期待されたが、リーガ・エスパニョーラへのフィットに苦しんでいる。指揮官のディエゴ・シメオネも売却の可能性を示唆している。

インテルは先日ヴァルテル・マッツァーリを解任し、ロベルト・マンチーニがクラブに復帰。システムを変更したもののなかなか結果が出ていない。1月には大型補強を敢行するといわれており、チェルチはターゲットの一人といわれている。インテルとしては6ヶ月のローン移籍を望んでおり、シーズン終了後に買い取るかどうか決めたいようだ。

なお、インテルのスカウトのチーフであるマッシモ・ミラベッリが昨夜行われたチャンピオンズリーグのユヴェントス対アトレティコ・マドリー戦を観戦しており、チェルチの視察が目的だった模様。しかしながら、チェルチはベンチ入りしたものの出場機会は得られなかった。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら