セビージャの下部組織出身で、AEKアテネ(ギリシャ)、セビージャでプレー経験のあるDFカラがイングランド・チャンピオンシップ(実質2部)のカーディフ・シティを今月3日に退団していたことがわかった。

カラは今年冬の市場でカーディフへ移籍、7試合に出場し2得点をあげたがチームのプレミアリーグ残留を果たすことはできなかった。今シーズンはチャンピオンシップでレギュラーとして活躍が期待されていたが、チームにフィットせず出場は僅か1試合のみだった。

最近は、アカデミーチームで練習をさせられている現状をtwitterで報告するなどうまくいっていなかった様で、冬の移籍をまたずして契約を解除しチームを退団する運びとなった。

それでも、別れのメッセージはファンへの感謝を述べたカラ。新天地での活躍を期待したい。