ヨルダンサッカー協会は、1月9日に開幕を迎えるアジアカップ2015に向けた合宿に参加する代表メンバーを発表した。

これはあくまで21日のウズベキスタン代表戦、30日のUAE戦、4日のバーレーン戦に向けたメンバーではあるが、23名ということもありほぼこれで確定であると思われる。

面子を見ると非常に珍しいリストになっている。ヨルダンを継続的に見てきた人にはお馴染みのクロス職人アミール・ディーブが外れた。また、日本が前回大会で得点を決められてしまったことで知られるハッサン・アブドゥル・ファターもいない。

また、ボランチとして長くチームを支えてきたバハ・アブドゥラフマン、バシム・アブ・ハシュハシュも、前回大会の左サイドバックのレギュラーだったバシム・ファティも、レアル・マドリーとバルセロナの下部組織に所属したことで知られる異色のFWターイル・バワブもいない。

特に代表キャップが98と大台に近づいた重鎮アミール・ディーブの落選は意外だったようで、記者会見ではメディアから多くの質問が寄せられたようである。

代わりに入ったのはアル・ダウードやアハマド・サリワー、アハマド・イリヤース、サミール・ラジャなど20代前半の経験が少ないメンバー。特に昨季ヨルダンリーグを制したアル・ワフダートのメンバーを中心に選んだな、という印象である。

ちなみに今回グループリーグではパレスチナと戦うことになっているが、この23名のうちアミール・シャフィ、ムタズ・ヤシーン、アル・ドゥミーリ、タリク・ハターブ、ラジャーイ・アイード、サミール・ラジャ、サリワー、ウダイ・アル・サイフィ、アマラー、イリヤースの10名がそのパレスチナにルーツを持っている選手である。

GK:

1:アミール・シャフィ / Amer Shafi Mahmoud Sabbah
(アル・ワフダート)

12:ムタズ・ヤシーン / Mutaz Yasin Mahjoub Alfityani
(タット・ラース)

22:アハマド・アブドゥル・サッタール / Ahmed Abdel-Sattar Nawwas
(アル・ジャジーラ)

DF:

3:タリク・ハターブ / Tareq Ziad Jabr Khattab
(アル・シャバブ/KSA)

5:ムハンマド・アリ・ムスタファ / Mohammad Ali Mustafa
(アル・ホール/QAT)

11:ウダイ・ザハラン / Oday Samir Zahran
(アル・ウルドゥン)

18:アハマド・アリ・イリヤース / Ahmed Ali Elias
(アル・ワフダート)

19:アンナス・バニ・ヤシーン / Anas Walid Khaled Bani-Yaseen
(アル・ライード/KSA)

21:ムハンマド・アル・ドゥミーリ / Mohammad Abdulsamee' Mohammad Al Dmeiri
(アル・イティハド/KSA)

MF:

2:ラジャーイ・アイード / Rajaei Ayed Fadel Hasan
(アル・ワフダート)

4:サミール・ラジャ / Samir Maher Raja Suleiman
(アル・ワフダート)

8:サイード・アル・ムルジャン / Saeed Hassan Al Murjan
(アル・ラムタ)

9:アハマド・サリワー / Ahmed Nawaf Sariweh
(アル・カディシヤ/KSA)

13:ハリル・バニ・アティアー / Khalil Zaid Bani Attiah
(アル・ファイサリー/KSA)

14:アブダラー・ディーブ / Abdallah Khaled Deeb Salim
(アル・リーファ/BAH)

15:ムハンマド・アル・ダウード / Mohammad Rateb Al-Dawud
(アル・ヒード/QAT)

16:ムンタール・アマラー / Munther Omar Abu Amarah
(アル・ワフダート)

17:サラー・ラティブ / Saleh Rateb
(アル・ワフダート)

23:ユースフ・アル・ラワシュダー / Yusuf Al-Rawashdeh
(アル・ラムタ)

FW:

6:ウダイ・アル・サイフィ / Odai Yousef Ismail Alsaify
(アル・サルミヤ)

7:マフムード・ザータラ / Mahmoud Za'tara
(アル・ワフダート)

10:アハマド・ハイヤール / Ahmad Hayel Ibrahim Arshidat
(アル・アラビ/KUW)

20:ハムザ・アル・ダルドゥール / Hamza Ali Khaled Al Dardour
(アル・ハリージ/KSA)