2月4日、イタリア・セリエAのACミランは先日公式発表していた新スタジアム計画において建築される施設のスケールモデル、予想写真を掲載した。

先日報じられた通り、ACミランはミラノ工科大学建築学科、国際的な総合エンジニアリングサービス企業であるアラップとともに新たなスタジアムの建設計画をスタートさせた。

今回はそのデザインと予想写真、スケールモデルが発表された。なお、これらの建設に費やされる投資額は総合して3億~3億2000万ユーロ(およそ400~420億円)とのこと。

担当しているミラノ工科大学建築学科教授のエミリオ・ファロルディ氏は「ロンドンのエミレーツ・スタジアム、バーゼル、ビルバオ、ヌシャテルにインスパイアされている」と話しており、スポーツイベントだけではなく地域のビジネスを支える存在にすることを明言している。