2月20日、ブラジル1部のインテルナシオナウは「アルゼンチン代表FWリサンドロ・ロペスと契約した」と公式発表した。

契約期間は2年。先日アル・ガラファとの契約を相互の同意の下で解除しているため、移籍金は発生していない。

リサンドロ・ロペスは1983年生まれの31歳。かつてFCポルトとリヨンで目覚ましい活躍を見せたストライカーで、ヨーロッパでは公式戦309試合に出場し145ゴールを記録した。

2013年夏に突然ジーコ監督が率いるアル・ガラファに移籍することが発表され、アジアに新天地を求めたものの、カタールでは意外にあまり活躍することが出来ず。伝統的に個人技主体のチームにフィットすることが出来ず、1年半で13ゴールという結果に留まっている。

なお、インテルナシオナウは現在南米王者を決めるリベルタドーレスカップに出場しているが、契約が遅かったためにリサンドロ・ロペスは出場できない。クラブが第2ラウンドに進出した場合に彼の追加登録が可能となる。