3月11日、イングランド・プレミアリーグのアーセナルは「今夏シンガポールで行われるバークレイズ・アジアトロフィーに参加することが決定した」と公式発表した。

バークレイズ・アジアトロフィーは7月15日~18日にシンガポール・スポーツ・ハブ(日本代表がブラジルと対戦した5万5000人収容のスタジアム)で行われる4チーム参加のトーナメント。

2003年から隔年で開催されており、今回が7回目。これまでマレーシア、タイ、香港、中国で行われており、シンガポールが会場となるのは初めて。

今回はシンガポール代表、ストーク・シティ、エヴァートン、そしてアーセナルが各2試合を行うことになっている。

なお、アーセナルがシンガポールを訪問するのは1991年以来24年ぶり。バークレイズ・アジアトロフィーに参加するのは初めてである。

チケットなどに関しては今月中に各クラブの公式サイトで発表される見込み。シンガポールは日本からも5、6時間で到着する国。

惜しくも日本の夏休みには多少早いが、プレミアリーグファンにとっては3チームが同時に見られる貴重な機会である。夏のバカンスにいかがだろうか?