17日行われたUEFAチャンピオンズリーグベスト16アトレティコ・マドリー対レヴァークーゼンの試合は、1-0のまま120分を終えた。

1stレグを敵地で0-1と落としていたアトレティコ。これによりアグリゲートスコアは1-1となり、試合はPK戦に突入した。

1人目のキッカーであるラウール・ガルシアとハカン・チャルハノールがともにゴール中央にキックし、両者ともに失敗でスタートしたPK戦。最後はシュテファン・キースリンクが大きくはずし、アトレティコが準々決勝進出を決めた。

昨年に続きベスト8を確実なものとしたアトレティコだが、この日先発出場したFWアントワーヌ・グリーズマンの髪色がなかなか真っ白であったと話題になっている。

少しシルバーよりの、それでいて綺麗な白色の髪形で登場したグリーズマン。

カメラの角度によってややその色は違って見えたが、どうしても目が行ってしまうような少し珍しいヘアカラーであった。

ちなみにグリーズマンは以前からこのような髪形をしていたが、少し前は金髪に近い色だった。

少し判別は難しいが、どうやら先週末に行われたリーガ・エスパニョーラのエスパニョーラ戦あたりから新しいカラーに挑戦していたようだ。