ラツィオの数日間の動き:獲得

一方、獲得についてもいくらかの噂がある。

ディナモ・モスクワに所属しているハンガリー代表FWバラージュ・ジュジャークがその一人であり、『Il Messaggero』によればラツィオに加入するためなら賃金のカットもいとわない姿勢を見せているという。

かつてPSVアイントホーフェンで鮮烈な活躍を見せたものの、その後2011年にアンジ・マハチカラに移籍してからはあまり国際的に名前が聴かれなくなったジュジャーク。2015年12月に契約が満了となるため、新しいクラブを探しているという。

また、フェリペ・アンデルソンの話と連携しているのかどうかは不明だが、バルセロナBに所属している右サイドバックのパトリシオ・ガバロン・ヒル、通称"バトリック"と契約を結ぶという話もある。

彼はバルセロナとの契約が今季で満了となるため、夏にはフリーエージェントとなる。ラツィオのイグリ・ターレSDが高く評価しており、獲得に向かう可能性は高いということだ。