サッカーを題材にした漫画やアニメの魅力といえば現実では到底考えられないスーパープレーだろう。しかしそんな空想の世界にも負けないゴールが英国・ウェールズで生まれたぞ。

!!!

相手のクリアボールを直接、体を倒しながら左足でジャンピングボレー!ボールは瞬く間にゴール右隅へ突き刺さった。

フォームもシュートの軌道も完璧、ゴール後の威風堂々とした振る舞いはエリック・カントナを彷彿とさせ、背番号も10番とくれば実に絵になる。

そんなプスカシュ賞にノミネートされそうなスーパーゴールを決めたのはプレタティン・タウンに所属するリー・ビーティ。19日に行われたウェールズ・プレミアリーグの第9節バンガーシティ戦で、0-3と敗色濃厚のなか74分に投入されると、およそ10分後の83分に大技を披露した。

このゴール動画はすぐに世界中に拡散し、早くも30万再生を超えている。ビーティはこの事実に驚きつつ、

「本当にただ本能だった。100回中99回は失敗するだろうね。足に上手く当たって幸運にも枠内に飛んだんだ」

「私にとっておそらく最高のゴールだよ。しかもテレビで生放送されていたんだからね!」

と素直に喜んだ。

試合はホームで1-3と敗れてしまったが、この試合に駆け付けた482人の観衆は“歴史的な瞬間"の貴重な目撃者になったと言えるだろう。