チェルシーがレアル・マドリーに総額1億ポンド(およそ180億円)のビッグオファーを送るも断れたと報じられている。

『The Sun』によれば、チェルシーはウェールズ代表アタッカー、ギャレス・ベイルとフランス代表DF、ラファエル・ヴァラヌの獲得を狙ったようだが、レアル・マドリー側に断られたとのこと。

ヴァラヌについてはチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督のお気に入りであることは有名であり、獲得に動いているとシーズン中に幾度と無く報じられてきた。一方のベイルはマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が盛んに噂される中、移籍先候補の一つとしてチェルシーの名前が報じられている。

オファーは既に失敗したようだが、今後も両選手についてチェルシーへの移籍が報じられるのは間違いないだろう。

【厳選Qoly】なでしこジャパンの名FW大野忍が「今の選手のことを評論したくない」と語った深いワケ “冷たいと思われるかも…”

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら