今季のプレミアリーグ覇権争いをリードするチェルシー。そのチェルシー相手にありえないゴールが決まってからちょうど3年になった。

2012年5月2日、スタンフォード・ブリッジでニューカッスルのFWパピス・シセが決めた衝撃弾がこれ。

ボックス外左寄りからダイレクトでボールを叩いたシセ。アウトサイドにひっかけるようにして、放たれたシュートはありえない軌道を描いてゴールイン!

まさにアメージング。再現は不可能といっても過言ではないだろう。

当時の指揮官、アラン・パーデューも「信じられないゴールだった。本当にスペシャルだ」と驚きを隠せなかったマジカルゴールについて、シセ自身は「何をやったか本当に分からないんだ。ただ打ちにいっただけで。ありがたいことにすごいゴールになった!」と語っている。

今後も歴史に残るありえないゴールのひとつとして語り継がれてゆくはずだ。