セリエA第35節、首位ユヴェントスはカリアリ戦を1-1で引き分けた。終盤の失点で勝ち点2を逃した形であったが、そのなかでポール・ポグバは強烈なシュートで先制ゴールを生みだした。

先発から63分までプレーしたポグバ。3月にハムストリングを痛め離脱後、この日が復帰戦だったのだが、いきなりゴールまで決めてみせた。そのポグバはこの試合でこんなスパイクを着用していた。

これはNIKEのスパイク、『Magista Obra(マジスタ オブラ)』だと思われるが、デザインは完全オリジナル。POGBAという文字や背番号である6という数字も見えるほか、色々な文字や模様が描かれており、かなり個性的な感じ(カラー的には白黒だが)。

ポグバはかねてよりカスタムした『マジスタ オブラ』を愛用しており、ド派手な黄金モデルは話題にもなった。

ユヴェントスはミッドウィークにレアル・マドリーとのCL準決勝2ndレグが控えている。復帰即ゴールという結果を残したポグバがこの大一番でどのようなスパイクを身につけるのかにも注目だ。