ブラジル代表とレアル・マドリーのレジェンド、ロベルト・カルロスがカタールのアル・アラビの指揮官となることが決まった。

トルコのアクヒサル・ベレディイェスポルを去った後、4ヶ月の休養を取っていたロベルト・カルロス。新天地はカタールに決まり、3年契約を結ぶことになったようだ。ロベルト・カルロス本人が以下のように語ったと『Mundo Deportivo』などが伝えている。

ロベルト・カルロス
(元ブラジル代表)


「今回の合意にとても満足している」

「大きな期待を持って旅立ち、いい仕事をするための準備をするよ。