南米大陸の王者を決める熱き戦い、コパ・アメリカがチリで開幕した。

ブラジルはベネズエラ、ペルー、コロンビアと同居したグループリーグの初戦、ペルー戦に2-1で勝利している。1ゴール1アシストとさすがの活躍を見せたのがブラジルの10番を背負う、エースのネイマール。

そのネイマールといえば先日のビルバオ戦でのヒールリフトが話題を呼んだが、この試合でもやっぱり魅せるプレーをやっていた。

左のタッチライン沿いでボールを拾ったネイマールはボールを浮かせて相手の頭上を越すシャペウを2連発で披露!そして、突破しようとしたところを体ごと潰された。

何を言われようともやっぱりネイマールはネイマールのようだ。キャプテンとしてセレソンを牽引する役割を求められる23歳のエースは「こうなるだろうと思っていたよ。初戦はいつだって難しいからね。でも僕らは勝利を掴んだ。それが一番大事なことさ」と語っていたそう。