近年、積極的な選手補強を見せているリーグがヨーロッパにある。

トルコ1部シュペル・リギだ。

ガラタサライやフェネルバフチェ、ベシクタシュら強豪チームがひしめくトルコリーグ。

近年ではヴェスリー・スナイデルやディディエ・ドログバ、フェルナンド・ムスレラらビッグネームがプレーしており、UEFAリーグランキングで12位ながら豪華な面々が揃っている。2013-14シーズンにはガラタサライがUEFAチャンピオンズリーグでベスト16に進出しており、欧州でも結果を残し始めている。

さて、そんなトルコリーグだが、今夏も各クラブが有力な選手を補強している。

現時点で移籍が発表されている主なケースをまとめてみよう。

【ガラタサライ】

FW:ルーカス・ポドルスキ(from アーセナル)

【フェネルバフチェ】

DF:シモン・ケア(from リール)

【ベシクタシュ】

DF:アンドレアス・ベック(form ホッフェンハイム)

【トラブゾンスポル】

MF:ステファヌ・エンビア(fom セビージャ)

【ブルサスポル】

FW:トマーシュ・ネツィド(from ズウォレ)

【アンタリャスポル】

FW:サミュエル・エトー(from サンプドリア)

このように、7月5日時点で数多くの選手がトルコへの移籍を決めているのだ。

ポドルスキやエトーといったビッグネームだけでなく、エンビアといったこの夏の去就が注目されていた実力者たちも次々とトルコへと活躍の場を移している。

他にも、オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーのフェネルバフチェ移籍が個人合意に達したと伝えられており、フェネルバフチェは他にもポルトガル代表MFナニの獲得が間近であり、現地時間5日にはメディカルチェックが行われるという。さらに、ロナウジーニョにもトルコ移籍の噂がある

この夏、トルコリーグの移籍情報から目が離せない!

(※追記)

後にナニとファン・ペルシーのフェネルバフチェ移籍が決定しました。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら