GKイケル・カシージャスの退団を発表したレアル・マドリー。

大きな衝撃を与えたこのニュースだが、「あること」が話題になっているようだ。

実はこのマドリー、カシージャスの退団を発表した後、公式Twitterアカウントがカシージャスのアカウントをアンフォロー(フォローを外すこと)したそうなのだ。

実際、マドリーのアカウント(スペイン語版)のフォロー一覧を見ても、カシージャスのアカウントはない。以前は「51」だったフォロー数も今では「50」に減っており、カシージャスのアカウントをアンフォローしたのはおそらく事実であろう。

これに対して、一部の海外ファンサイトなどは「(カシージャスに対して)敬意がない」としているのだが、そこにはマドリーなりの理由がありそうだ。

マドリーがフォローしているアカウントを見てみよう。

レアル・マドリーのフォロー1

こちらがその一部である。

マドリーが在籍するリーガ・エスパニョーラやマドリーのユニフォームサプライヤーであるadidasといったアカウントがフォローされているのだが、選手で言えばアシエル・イジャラメンディやケイロル・ナバス、ハメス・ロドリゲスといった現所属メンバーのみになっている。

【次ページ】マドリーのソーシャルメディアポリシーとは?