この夏、中国1部の上海上港に移籍したガーナ代表FWアサモア・ギャン。

UAEで圧倒的な得点力を見せ破格の給与を得ていたが、中国では週給22万~30万ドル(約2732~3726万円)を稼ぐとされており、年俸にするとおよそ20億円程度にもなる。ちなみに、上海上港にはダリオ・コンカも在籍している。

そのギャンが天津泰达との試合で中国デビュー。後半から投入されると、終盤に値千金の決勝ゴールを決めてみせた。

味方からのクロスを丁寧にヘディングで合わせゴールに流し込んだギャン。これが決勝点となり、上海上港が2-1で勝利している。

19節を終えてリーグ首位に立つ上海上港。チームを率いるスヴェン=ゴラン・エリクソン監督はギャンについて、「彼がとてもよくやったのは間違いない。スタメンで使いたかったが、怪我を恐れた。1か月休暇だったからね。彼のフィジカルが上がってくればさらに良くなることを信じているよ」と述べていた。