ドイツだけでなく世界的にカルト的な人気を誇るザンクト・パウリ。昨季のブンデスリーガ2部で15位に終わったチームは今季、日本代表歴もある22歳のアタッカー、宮市亮が加入したことで日本でも大きな注目を集めている。

その彼らが18日、2015-16シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

St. Pauli 2015-16 Hummel Home

st-pauli-2015-16-hummel-kit

Hummelと契約して2年目を迎えるザンクト・パウリ。伝統的なこげ茶のホームは比較的シンプルなデザインだが、肩から袖にかけてのライン、さらにはシャツ全体にもさりげなくHummelを象徴するシェブロンパターンが施されている。

シャツの内側にチラリと見えるのはもちろん彼らの象徴、ドクロ。

St. Pauli 2015-16 Hummel Away

st-pauli-2015-16-hummel-kit

白を基調にしたアウェイは、こげ茶とのグラデーションによる切り替えしデザインを採用。

また、レズビアンやゲイのコミュニティをサポートしているザンクト・パウリは今回の2015-16モデルで「同性愛差別反対」を打ち出しており、そのシンボルであるレインボーカラーを袖口に配している。

【次ページ】カップ戦用ユニもいい感じ