このオフ、サム・アラダイス監督と袂を分かったウェストハム・ユナイテッドはクラブOBのクロアチア人指揮官、スラヴェン・ビリッチを招へい。スタイル転換でキーとなりそうな中盤にはここまで、マルセイユからディミトリ・パイェット、サンプドリアからは23歳のスペイン人プレーメーカー、ペドロ・オビアングなどを獲得している。

West Ham United 2015-16 Umbro Away

west-ham-united-2015-16-umbro-away-kit

2016-17シーズンから54,000人収容のオリンピックスタジアムへホームを移転するため、現在の本拠地ブーリン・グラウンド(アプトン・パーク)との“お別れモデル”と位置付けられたウェストハムの新ユニフォーム。

west-ham-united-2015-16-umbro-away-kit

ホームに続いて発表された2015-16アウェイは、ブーリン・グラウンドへ移る直前、1901年から1903年にかけて使用していたユニフォームをベースにしたデザイン。全体的にクラシカルだがバイアスのストライプがモダンな印象もかきたてる。

west-ham-united-2015-16-umbro-away-kit

水色のエンブレムもかっこいい! Umbroらしい安定感が光る仕上りだ。

west-ham-united-2015-16-umbro-away-kit

“ラストシーズン”を前に制作されたPVも一緒に。