2015-16シーズンが開幕したフランス・リーグアン。モナコはニースとのコート・ダジュールダービーを戦い、2-1で逆転勝利を収めた。

今季ミランからのローンでモナコ入りしたステファン・エル・シャラウィは前半途中に投入されると、こんなプレーも見せていた。

ボックス内でゴールに背を向けた状態から、ボールを浮かせると、右足でバイシクルシュート!

相手GKにセーブされ、惜しくもゴールとはならず。とはいえ、あの体勢からしっかり枠に飛ばす技術とアイディアは素晴らしい。

試合を終え、モナコのレオナルド・ジャルディン監督は「ニースでのタフな試合はいつものこと」とコメント。また、「バレンシア(CL予選の相手)のことは考えないが、金曜日にはリールとの試合がある」とも述べていたとのこと。