ミランからモナコへのシーズンローンが発表されたステファン・エル・シャラウィがミランのサポーターたちにお別れのメッセージを送った。

エル・シャラウィはミランの下部組織で育成され、一時は「天才」と呼ばれた選手。度重なる怪我にも悩まされた事やカルロス・バッカ、ルイス・アドリアーノの加入もあり、クラブ内での立場が危うくなっていた。

モナコ移籍発表後、エル・シャラウィはInstagramに一枚の画像を投稿。そこにはクラブやサポーターへの想いの詰まった長文が添えられていた。

In questo momento mi riesce davvero difficile trovare le parole per descrivere il mio stato d'animo...è successo tutto molto in fretta e in 24 ore mi sono ritrovato a dover prendere una decisione che sono certo possa essere la più giusta per me e per la mia carriera. Non credo serva sottolineare quanto io sia dispiaciuto nel lasciare una società come il Milan e i suoi tifosi. Oltre al fatto che sono sin da piccolo legato a questi colori, è difficile lasciare una società che mi ha sempre dato sostegno e fiducia anche nei momenti peggiori. Credo però sia arrivato per me il momento di svoltare e intraprendere una nuova sfida professionale con grinta e massimo entusiasmo. Mi dispiace, inoltre, non aver potuto dare il mio totale contributo, a causa degli infortuni, nelle ultime due stagioni...ma ho sempre onorato e rispettato questa maglia, dal primo all'ultimo giorno. Questi quattro anni mi hanno dato tantissimo, mi hanno fatto crescere, mi hanno arricchito calcisticamente e umanamente. Ringrazio il MILAN, tutti i membri dello staff e tutti i miei compagni di queste stagioni; tante vittorie, altrettante sconfitte ma sempre accanto a grandi persone, conserverò ogni insegnamento ed ogni consiglio ricevuto. E Infine non mi resta che ringraziare voi, TIFOSI, ultimi non per ordine d’importanza ma anzi… unici e speciali... Grazie per l'affetto che mi avete sempre trasmesso in ogni occasione soprattutto nei periodi negativi...E grazie per le belle parole e i tanti messaggi che ancora oggi, nonostante abbia cambiato maglia, continuate ad inviarmi...li porterò sempre nel cuore Grazie davvero a tutti. Au revoir STEPHAN EL SHAARAWY
Stephan El Shaarawyさん(@stewel92)が投稿した写真 -


ステファン・エル・シャラウィ
(モナコ所属、イタリア代表)


「現時点で自分の気持ちを表現する言葉を見つけるのは本当に難しい。

全てはとても迅速に起きた事であり、24時間以内に自分と自分のキャリアにとって最良となりうる選択をする必要があったんだ。

ミランのようなクラブ、そしてそのサポーターたちと別れることについてどれほど残念に思っているか明確にする必要はない。幼い頃からこのカラー(=赤と黒)と結びついてきた事実以外に、最悪の時でさえ、常に自分を支え、自分に自信を持たせてくれたクラブだったから、ここを去ることはとても難しいよ。

しかし、方向性を変える時が自分に来たと思っているし、歯を食いしばり、最大級の情熱をもって、プロフェッショナルな新しいチャレンジを選択したと思う。

また、謝らなければいけないね。この2シーズン、負傷によって総合的に貢献することができなかった…しかし、最初の日から最後まで、常にこのユニフォームを名誉に思い、尊敬してきた。

この4年間は自分にとても大きなものを与えてくれたし、成長を手助けしてくれた。そして、選手として男として高めてくれた。

ミラン、スタッフ全員、そしてこれまでの全てのチームメイトに感謝している。多くの勝利を掴んだし、多くの敗北も経験した。しかし、傍らには常に素晴らしい人々がいた。自分に与えられた全ての教え、全てのアドバイスを抱き続けるだろう。

そして、大事なことを言い忘れていたけど、最後にサポーターのみんなにお礼を言わなければならないね…ユニークで特別だったよ…。どんな時でも、たとえネガティブな時でさえ、みんなが示してくれた愛情に感謝している。

そして、ユニフォームが変わるにも関わらず、今日も素晴らしい言葉とメッセージを送ってくれてありがとう。それらの言葉を心に刻み、永遠に抱き続けるよ。

みんな本当にありがとう。さようなら」