昨シーズンのベルギーリーグを2位で終え、UEFAチャンピオンズリーグの出場権を獲得していたクルブ・ブルッヘ。

予備予選3回戦でパナシナイコスを破って勝ち上がり、プレーオフの舞台でマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。

オールド・トラッフォードでの1stレグでは開始早々に相手選手のオウンゴールで先制していたブルッヘだったが、メンフィス・デパイに2ゴールを奪われ1-3でタイムアップ。26日、逆転を目指してホームでの2ndレグに挑んだのだが、ウェイン・ルーニーにハットトリックを許し2戦合計1-7で敗退が決定した。

それでも、この試合のキックオフ前にブルッヘのサポーターが演出した雰囲気がなかなか鳥肌ものだった。

サポーターズソングとして知られる"You'll Never Walk Alone"の大合唱!

マンチェスター・ユナイテッドファンも必至に声援を送っているが、それを掻き消す声量である。

なんでもブルッヘもこの曲をサポーターズソングにしており、試合の際にはサポーターが大合唱しているという。

こちらはアンデルレヒト戦での雰囲気。なかなか素敵である。

ちなみに、"You'll Never Walk Alone"をサポーターズソングに持つクラブは世界中に存在するが、なかでも有名なのはリヴァプールだろう。

そのリヴァプールはマンチェスター・ユナイテッドのライバルチームであり、ブルッヘを訪れていたユナイテッドファンにとっては耳にしたくなかったメロディだったはずだ。