10月2日、イタリア・セリエAのユヴェントスは「スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーが心臓の手術を受け、30日の離脱となる」と報じた。

先週末に行われていたフロジノーネ戦に先発出場したシュテファン・リヒトシュタイナーは、ハーフタイムでジョルジオ・キエッリーニと交代していた。

報告によれば彼は試合中に呼吸困難に陥っており、その原因は心臓の不整脈が起こっていたためだったという。

後日行われた検査の結果、クラブの医療コンサルタントは今後のキャリアを考え手術を行うことを勧め、リヒトシュタイナーはそれに同意。

手術は10月2日に行われており、およそ30日の療養が必要になるという。復帰はおそらく11月の半ば頃となる予定だ。