プロサッカーに世界において、兄弟対決というのは時折起こりうることである。

ギャリー・ネヴィルとフィル・ネヴィルが、スヴェン・ベンダーとラース・ベンダーが、そして渡邉大剛と渡邉千真といった兄弟たちが、対戦チームに分かれて試合を行っている。

そんななか、先週末のプレミアリーグでも「兄弟対決」が実現している。

ともにガーナ代表にも選ばれているアユー兄弟である。

兄のアンドレ・アユーは、1989年12月17日生まれの25歳。左利きのウインガーでドリブルを得意とし、2010年のワールドカップにもガーナ代表の主力として出場。この夏スウォンジーへと移籍し、チームの背番号10を託された。

一方、弟のジョーダンは1991年9月11日生まれの24歳。アンドレを上回るスピードとテクニックを備え、センターフォワードも得意としているアタッカーである。兄を追う形で代表チームでもプレーしており、2014年ワールドカップにも出場している。

ガーナのレジェンドであるアブディ・ペレを父親に持ち、いずれもこの夏プレミアリーグにやってきた両選手。節目の第10節で直接対決が実現したのだが、さらに珍しいことが起きた。

なんと、この試合で両選手がゴールを決めたのだ!

兄弟対決

【次ページ】アンドレ&ジョーダンのゴールを見る