8月28日、『Mirror』は「ガーナ代表のアフリイー・アックアーとジョーダン・アユーの2名が不倫騒動で衝突しているかもしれない」と報じた。

このレポートは未知のソースからYoutubeに流出したもので、その真偽については確かではないようだ。

記事によれば、アフリイー・アックアーの妻であるアマンダは2012年から長くガーナ代表のチームメイトでもあるジョーダン・アユーと不倫関係にあり、その罪を認めているという。

流出した録音でアマンダは以下のように告白しているとのことだ。

アマンダ・アックアー

「私はジョーダンと四年間良い時を過ごしたわ。四日間ではなく。彼は私に裸の写真を送っていた。私はアックアーよりも彼と寝た回数の方が多いの。

アフリイーはとても嫉妬深かった。私たちがチャットしているのを見れば、彼はすぐ不機嫌になり、謝るまで口を利いてくれなかった。

今、アフリイーはジョーダンとの病んだ関係に不満を言ってばかり。一度アムステルダムに旅行した時に彼はアンドレ(ジョーダンの兄)と対話したが、ジョーダンはそうしなかった。アフリイーはそれを求めたけど、彼はそれを断ったから」

なお、この二人は現在招集メンバーが発表されているガーナ代表に同時に入っており、連盟側はこの両名に問題があるとすれば対処しなければいけないと考え、対話を行うことを発表している。

もし問題が表面化しているとすれば、この2名は次の試合で欠場させられる可能性もあるとのことだ。