『Liverpool Echo』は「リヴァプールに所属しているクロアチア代表DFデヤン・ロヴレンは、アンフィールド・ロード初等学校への訪問を取りやめた」と報じた。

24日に学校を訪問して生徒と交流を行う予定であったロヴレン。

ところが、その朝の午前9時頃、アンフィールド・ロード初等学校の校門前でフード付きの服を着た覆面の男が車に向けて発砲するという事件が発生した。

幸いにして怪我人は発生せず、授業も通常通りに行われたとのことだが、事件の捜査のために道路が封鎖されてしまった。

そのためにロヴレンは初等学校への訪問を取りやめなければならなくなり、生徒との交流会も中止されることになった。

リヴァプールの広報担当者によれば、ロヴレンの訪問については年明け以降に行われる予定になっているとのことだ。