マンチェスター・シティとチェルシーがボローニャのMFアマドゥ・ディアワラの獲得を狙っているようだ。

地元紙の『Corriere di Bologna』が報道するところによれば、プレミアリーグの強豪である両クラブは既にボローニャに1450万ポンド(およそ26.8億円)のオファーを送ったという。しかし、ボローニャは18歳のディアワラの放出を拒否しており、クラブに留めることを望んでいるという。

しかし、実際にオファーは届いていないようであり、ディアワラの代理人がマンチェスター・シティとチェルシーから問い合わせがあった事だけを明かしたようだ。『Tuttomercatweb』が以下のように報じている。

ロベルト・ヴィサン
(アマドゥ・ディアワラ代理人)

「チェルシーから強い関心をもたれているよ」

「その他ではマンチェスター・シティ、トッテナム、ユヴェントスも彼のことを追いかけている。しかし、彼らからはオファーをもらってはいない。サッカーの話だけだ」

ディアワラはギニア生まれの18歳。昨シーズン、サン・マリノでプロデビューし、夏の移籍ウィンドウでボローニャに加入した。先日シャルケがオファーを送ったが、ボローニャ側が拒否。今シーズンはセリエAで15試合に出場(12先発)している。