21日、マンチェスター・シティとの上位対決を2-1と勝利し、プレミアリーグで2位をキープしたアーセナル(ゴール動画はこちら)。

マヌエル・ペジェグリーニ監督が"6 points match"と話したように両チームの勝ち点差はこれで4にまで開き、アーセナルが首位争いに留まった形だ。

さて、そんなアーセナルの勝利には一人の選手の存在が関係していたのかもしれない。英国各紙によれば、マテュー・フラミニがいるアーセナルはしばらく負けていないのだそうだ。

2013年にミランから復帰しているフラミニ。

今シーズンはフランシス・コクランの台頭もあり出場機会を減らしていたが、そのコクランが負傷したことで現在4試合連続でフル出場を飾っている。先日はエネルギー関連企業を設立していたことも話題となった。

そんなフラミニだが、エミレーツ・スタジアムでの試合にすこぶる相性が良いようで、現在のところプレミアリーグの試合で52戦無敗であるという。

その内訳は36勝16分0敗。

この記録は2006-07シーズンの第1節アストン・ヴィラ戦から続くものだが、実はこの試合はエミレーツ・スタジアムで行われる初のプレミアリーグであった。つまり、フラミニはエミレーツ・スタジアムが完成してから、出場したプレミアリーグの試合で一度も負けていないのだ!これは凄い…。

負傷者が続出するアーセナル。今季はまだエミレーツでのチェルシー戦やレスター戦を残しているが、フラミニがいれば負けることはない…はずだ。