スリナム系オランダ人であるフェルメールはアヤックスユースの出身で、同チームでプロデビューを飾ったGKだ。

ヴィレムⅡへのローン移籍を経て成長を果たし、2011-12シーズンにはアヤックスの正GKとしてリーグ制覇を成し遂げオランダ代表にも選出されている。

そんなフェルメールだが、ヤスパー・シレッセンとのポジション争いに敗れる形で2014年の夏アヤックスを退団しており、フェイエノールトに移籍していた。

しかし、アヤックスにとってフェイエノールトは宿敵である。この日のデ・クラシケルでフェルメールはフェイエノールトのゴールマウスを守ったのだが、“禁断の移籍”でチームを離れたフェルメールに対してアヤックスの一部のファンがこのような行動に出たのだ。

ライバルチームに移籍した選手への風当たりは当然強くなるものだが、流石にこれはやりすぎである。オランダ『VP』によれば、この人形を吊るしたの人物はすでに特定されており、ヴァーヘニンゲン出身の26歳の男性。逮捕されているという。

なお、この試合では先日現役からの引退を発表したジョニー・ヘイティンガセレモニーが行われた。

試合を決めたのはリーシェトリー・バズールのスーパーゴール。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)