リーガ29節で、ヘタフェ相手に6-0の大勝を遂げたバルセロナ。リオネル・メッシはPK失敗がありながらも、1ゴール3アシストの活躍をみせた。

そのメッシは試合最終盤にこんなプレーを見せていた。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

右サイドからいつものように中央へ加速。その途中、スリップしピッチに倒れ込むも、すぐさま立ち上がるとそこから2人をかわしつつ突進…。

倒れてもただじゃ起き上がらなかったメッシ。カルロ・アンチェロッティも正直に吐露していたように、好調時の彼を止める術は存在しないといえそう。

さて、CLアーセナル戦をミッドウィークに控えるバルサ。この日はスアレスを休ませムニールを起用したが、ルイス・エンリケ監督は「全員がいい調子にある。監督として、完璧な状況だね。全員がプレーしたがっている。唯一の問題は、全員のための時間がないということだけだ」とチーム状態に自信を覗かせていた。