前サンフレッチェ広島のブラジル人FWドウグラスはUAEリーグへ移籍後、圧巻の活躍を続けている。

バニ・ヤス戦でも2G1Aの大暴れで勝利に大貢献したのだが、この試合ではこんな場面もあった。

ボールを巡る争いで何か言い合っていたのは、ロイストン・ドレンテとオマール・アブドゥラフマン。

レアル・マドリーでもプレーしたオランダ人のドレンテと、アフロでお馴染みのUAE代表オマール・アブドゥラフマンは英語で何やら会話している。聞き取りにくいが、こんなやりとりだったようだ。

ドレンテ「どうした?どうしたんだよ?」

アブドゥラフマン「ボールに触れてないじゃないか」

ドレンテ「ブラザー、これはフットボールだよ。ブラザー、OK」

アブドゥラフマン「ボールに全く触れてないじゃないか、マイフレンドよ」

相手に抗議しつつ、ブラザー・フレンドという単語を使っているように聞こえる。国籍の違う選手同士が、ピッチ上で交わす会話の一端が窺い知れるような場面でもあった。