スタディオ・フリウーリで行われた国際親善試合イタリア対スペインは、1-1の引き分けに終わった。

35歳のFWアリツ・アドゥリスに代表初ゴールが生まれた一戦では、こんなシーンもあった。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

ボックス際で、ジェラール・ピケを華麗に股抜きにしたのは、FWシモーネ・ザーザ(左利き)。セサル・アスピリクエタのカバーによって、ゴールには至らなかったが、見事なテクニックを見せてくれた。

試合後、アントニオ・コンテ監督は勝てなかったことだけが残念としつつ、「スペインは偉大なチームだ。我々は謙虚さをもって取り組み続けなければならない。(選手たちは)素晴らしいグループだね。このユニフォームを愛しているし、イタリアのためにプレーしたがっている」などとコメントしていた。

イタリアはこの後、ミュンヘンでドイツ代表と親善試合を行う予定だ。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」