アイスランドのレジェンド、エイドゥル・グジョンセン。

37歳となった現在も現役であり、昨年は中国超級リーグの石家庄永昌でプレーし、今年からはノルウェーの名門モルデに所属している。

一度は代表チームからの引退を発表したが後に撤回し、今夏にはEURO2016への出場も期待されている。

アイスランドの最多得点記録を保持するそんなグジョンセンの代表デビューは1996年のこと。

当時17歳だったグジョンセンはエストニア戦で途中出場でデビューを飾るのだが、この時交代したのは実の父アルノールであり、この交代劇は「サッカー史上最も珍しい出来事」とも言われている。

そんな歴史的瞬間を、グジョンセンが動画で紹介してくれていた。

「この出来事から20年が経過した…」とグジョンセンが投稿したのは、父親との交代で自身が代表デビューを飾った当時の映像だ。

1996年4月24日から20年が経ち、当時の様子を振り返ったようだ。映像は高精細であり、なかなか貴重なお宝と言えそうだ。