ポルトガル1部リーグ32節、ポルトはスポルティング・リスボンとのクラシコに1-3で敗れた。

そんななか、ポルトのGKイケル・カシージャスはこんなプレーを見せていた。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

イスラム・スリマニの強烈ヘッドを、素晴らしい反応でセーブ!だが、その後にはこんなプレーも…。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

ブルーノ・セーザルのニアへのシュートに反応するも、今度は止めきれず。手から弾かれたボールは不運にもゴールへと転がり込んでしまった…。

DFのやられ方が悪く、全てがカシージャスの責任ではないが、試合が決まる1点となってしまった。

これで今季7敗目を喫したポルトは現在3位。2位スポルティングとの勝ち点差は13に開いてしまった。ジョゼ・ペゼイロ監督は2失点目につながるミス(上記プレーではない)が痛かったと嘆いていたそうだ。