先月、移籍後初ゴールを含む4得点をマークしたポーランド一部シュロンスク・ヴロツワフの森岡亮太。その勢いは5月になっても続いているようだ。

ポーランドは先月9日までにレギュラーシーズンを終え、13位だったシュロンスクは下位8チームが進む順位決定ラウンドを戦っている。

森岡は7日に行われたテルマリカ・ニエチェツァとの第5戦に先発フル出場し、前半18分に先制ゴールを決めた。

味方からの横パスを中央で受けた森岡は、間髪を入れずにワンステップで右足を振り抜く。シュートにそれほど威力はなかったがボールはDFの股を抜け、吸い込まれるようにゴール左隅へ転がった。

一瞬で前を向いた正確な予測とボールコントロール、意表を突いたタイミングでのシュート。一見すると地味だが、高度な技術と頭脳が凝縮された“巧みな技”にGKは反応もままならなかった。

森岡はこれが今季5ゴール目となるが、その全てはここ7試合に生まれたもの。チームはこのホームゲームを2-1で勝利し、残り2試合となった順位決定ラウンドでも2番手につけている。