『Gazzetta dello Sport』は「元イタリア代表FWダニエレ・マッサーロは、6月のミラノ市議会議員選挙に立候補する」と報じた。

1986年にフィオレンティーナからACミランに加入し、長く活躍を見せたことで知られるマッサーロ。1995年には清水エスパルスと契約し、Jリーグでもプレーした。

1996年に現役を離れてからはビーチサッカー代表でプレーしたり、ゴルフをやってみたり、レーサーとしてWRCに参加したりと様々な活動を行ったことでも有名。その後は古巣でもあるACミランでマネージャーを務めていた。

記事によれば、これまでもマッサーロはシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が党首を務めるフォルツァ・イタリアを支持しており、今回政治家への転身を決意したとのことだ。

ダニエレ・マッサーロ

「私は、スポーツにおける起業家精神の経験が、政治の世界でも役に立つのではないかと思っている。そして、ベルルスコーニ会長も熱心にこの考えを歓迎してくれた。

彼には借りがある。私や家族のために多くのものをもたらしてくれた特別な人だ。

私はロッソネーリで25年間を過ごしてきた。私はベルルスコーニからの手紙を全て保存している。それは彼がしてくれた全てに感謝しているからだ」

なお、同じACミランのレジェンドではジャンニ・リベラが国会議員を務めた経験を持っており、カハ・カラーゼやジョージ・ウェアらも母国で政治家に転身している。