キリンカップに出場するため、来日しているデンマーク代表。

トッテナムの中心選手であるクリスティアン・エリクセンや、レスター優勝の立役者カスパー・シュマイケルといったトッププレーヤーたちも来日メンバーに含まれており、1日にはパロマ瑞穂スタジアムで汗を流した。

そんななか、来日メンバーの一人であるDFヤニク・ヴェステゴーアがこんな写真をInstagramに投稿していた。

ヴェステゴーアが紹介したのは、宿泊中のホテルでの写真。

練習を終えたヴェステゴーアはお風呂に入ろうとしたのだが、どうやらシャワーの位置が低く、直立するとこんな感じになってしまったようだ。

それもそのはず。ヴェステゴーアの身長はなんと199cm!

大柄な選手の多いデンマークでも特に大柄であり、体重も98kgとまさにプロレスラーのような体格をしているのだ。そりゃ備え付けのシャワーだとこうなるわ…。

ユース世代から評価の高いヴェステゴーア。空中戦や競り合いに滅法強く、それでいて足元の技術も安定しており隙を見て攻撃参加することもある。ボールの持ち方には余裕が感じられ、近代型のセンターバックと言えるだろう。

昨年1月にホッフェンハイムからブレーメンへと移籍するとレギュラーを獲得し、今季もブンデスリーガで33試合に出場。

また昨年6月に開催されたU-21欧州選手権にはキャプテンとして出場し、チームの五輪出場権獲得に貢献している(1992年8月生まれのヴェステゴーアは、リオ五輪ではオーバーエイジ扱いとなる)。

来日に備え、代表チームの企画で日本語も勉強してきた模様。

今回のキリンカップにはDFリーダーであるダニエル・アッガーが来日メンバーから外れており、ヴェステゴーアが出場するチャンスは十分ありそうだ。