ついに開幕を迎えたコパ・アメリカ・センテナリオ。当初メンバーからの離脱者が相次いだブラジル代表はエクアドルとの初戦に0-0で引き分けた。

そんななか、試合後半にはヒヤリとする瞬間があった…。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

サイドライン際で、ブラジルのフィリペ・コウチーニョとフィリペ・ルイスが頭同士で接触!2人とも足元のボールを見ており、フィリペ・ルイスは頭突きを食らうような形で倒れ込んでしまった…。

場所が場所だけにヒヤリとしたが、フィリペ・ルイスはその後もプレーを続けてフル出場しており、幸い大事には至らなかったようだ。

『Globo』によれば、スコアレスという結果にブラジルのドゥンガ監督は、攻撃面で動きに変化をつける必要性を指摘していたそう。