『Guardian』は「イングランド・プレミアリーグのワトフォードは、中国超級リーグの上海上港から送られた大きなオファーを断っていた」と報じた。

その対象となっていたのは、数年前から中国の関心を受けているというナイジェリア代表FWオディオン・イグアロである。

昨年には当時2部だった河北華夏から移籍金1000万ポンド(およそ15.6億円)、年俸は1560万ポンド(およそ24.3億円)という打診を受けていたという証言もある。

そして、今回の報道によれば、先日上海上港から再びイグアロ獲得に向けたオファーが舞い込み、その移籍金は3800万ポンド(およそ59.2億円)という強烈な額であったという。

ただ、ワトフォードはこのオファーについては即座に断ることを決断し、中国には彼の売却を検討していないことを伝えたという。

先日上海上港はブラジル代表FWフッキを移籍金6000万ドル(およそ64.9億円)で獲得しているが、もしかしたらイグアロのセカンドオプションだったのかもしれない。

ワトフォードは先日レスター・シティからFWトロイ・ディーニー獲得のオファーを受けていたといわれるが、その3000万ポンド(およそ46.7億円)という額も断っているようだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】