『Daily Mail』は「ベルギー代表FWアドナン・ヤヌザイは、マンチェスター・ユナイテッドに完全移籍での退団を要求した」と報じた。

3年前に鮮烈なデビューを果たし、大きな期待を受けたアドナン・ヤヌザイ。

しかしルイス・ファン・ハール監督の下では輝きを見せられず、昨季はボルシア・ドルトムントへのローン移籍でも成功を収めることはできなかった。

今季就任したジョゼ・モウリーニョ監督は、ヤヌザイをシーズンローンで放出し、定期的なチャンスを得られる場所で成長を促したいという意思を示していた。

ところが、ヤヌザイはその方針に対して反対の意を唱えており、マンチェスター・ユナイテッドを完全移籍で離れたいとクラブ側に伝えているという。

なお、ヤヌザイに対してはサンダーランド、エヴァートン、ミラン、PSG、アヤックスなどが関心を寄せているとのことだ。

また、他にもユナイテッドはバスティアン・シュヴァインシュタイガー、アンドレアス・ペレイラ、ウィル・キーン、タイラー・ブラケットらに対するオファーを受け付けている状況だとのこと。

キャメロン・ボースウィック・ジャクソン、ジェームズ・ウィルソン、パディ・マクネアーに関しては、ローンでの放出が予定されているようだ。