9月18日、『Daily Mail』は「ベルギー代表監督を務めているマルク・ウィルモッツ氏は、今夏ボルシア・ドルトムントへのレンタル移籍を決断したアドナン・ヤヌザイの選択は正しいと話した」と報じた。

一昨年マンチェスター・ユナイテッドの下部組織から昇格し、初年度からインパクトを残す活躍を見せたアドナン・ヤヌザイ。豊かなスピードとテクニック、そして高い得点力を備えた攻撃的MFには大きな期待が集まった。

しかし昨季はなかなか重用されなくなり、わずか18試合のみの出場に。今季はアストン・ヴィラ戦で決勝点を決める結果を残したものの、ドイツへと貸し出されることが決まった。

一種修行に出るような形になったものの、マルク・ウィルモッツ監督はケヴィン・デ・ブライネの動きを考えれば良い選択になるだろうと話した。

マルク・ウィルモッツ
(ベルギー代表監督)

「チェルシーからヴォルフスブルクへのステップバックは、ケヴィン・デ・ブライネにとって夢のようなものになった。

私はアドナン・ヤヌザイがボルシア・ドルトムントに期限付き移籍したことが正しい選択であると確信している。それは彼が次のステップを踏むに当たって大きな助けになるだろう。

ヤヌザイはデ・ブライネと同じような成長曲線を楽しむことが出来るだろう。

アドナンは9番のポジションでプレーでき、両サイドも可能だ。彼は素晴らしいシュートを持っている。私はこれまであのようなシュートテクニックを持っている選手を見たことがない。

彼は何処にいても常に強烈なボールを蹴る準備が出来ている。

私は以前彼に尋ねたことがあるんだよ。『シューズかボールに何か仕込んでるんじゃないか?』ってね」