『Mirror』は「リヴァプールのFWマリオ・バロテッリは、イタリアのプライベートボートで喫煙していた」と報じた。

今季も開幕が目前に迫ったイングランド・プレミアリーグ。2週間後にはまた長い長い戦いが始まる。

ところが、リヴァプールで週9万ポンド(およそ1195万円)を受け取っているバロテッリはアメリカツアーのメンバーから外れている。U-21チームとともに練習をすると言われていたが、今は休暇のためにイタリアへと戻っているとのこと。

そして、ジェノヴァ近くの街ポルトフィーノにあるプライベートボートで友人とのパーティを楽しんだようだ。

その際に取られた写真では、明らかにタバコと煙が・・・。

先日はこの苦しかった二年間で心を入れ替えたと話していたバロテッリ。

しかし、開幕2週間前にタバコを吸っていたという事実は、ユルゲン・クロップ監督や彼を獲得しようとしているクラブがどう思うのだろうか?