『Manchester Evening News』は「マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ユルゲン・クロップ氏やアーセン・ヴェンゲル氏を批判した」と報じた。

現在ユヴェントスからポール・ポグバを獲得するための交渉を行っていると言われるマンチェスター・ユナイテッド。

その移籍金は、実現すれば世界最高記録を更新するものになると言われており、大きな話題を集めている。

1億ユーロを遥かに超えるという取引に、他の監督は困惑気味。リヴァプールのクロップ監督、そしてアーセナルのヴェンゲル監督はそれらの動きは狂っているとも話した。

その件について質問を受けたモウリーニョ氏は以下のように話し、「私は他の人のことは言わない」と語った。

ジョゼ・モウリーニョ

「私は知らない。また自分たちのことについてのみ話す。

以前も言ったが、私は二人の同業者、プレミアリーグの他のクラブにいる人物が、我々のことを話しているのを聞いた。

私は、それらが好きではないし、非倫理的な話だと言わなければならないね。ただ、私が非論理的なことをやることもあるし、他の人物がそうしていないこともある。誰も全てが普通だとは言えない。

ただ、明らかなことは、私は他の選手について話さないという点だ。彼らは、彼ら自身が求めることをできるがね。

我々のマーケットはいい。決断を下して、4名の選手を獲得した。10名ではなくてね。

マンチェスター・ユナイテッドのレベルに合う選手を4名取ってきた。このチームを成長させうことができる4名を。

我々は若いセンターバックを持っている。頂点に立つには時間が必要だが、そのポテンシャルを持っている。

クリエイティブな選手も買ってきた。彼が持っているクオリティは知っている。また、素晴らしいストライカーを手に入れた。

我々はいい中盤の選手を獲得するつもりだ。そして、バランスを手にしようと試みる。

したがって、私は自分のスカッドに満足している。そして、私はこのクラブの努力にも満足しているんだ。そして、それはまだ続いている」