24日、インディアン・スーパーリーグのプネ・シティは「アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセンを獲得した」と公式発表した。

エイドゥル・グジョンセンは1978年生まれの37歳。先日はアイスランド代表の一員としてEURO2016に出場し、歴史的なベスト8進出を経験した。

チェルシーやバルセロナで活躍した彼は、今年ノルウェーのモルデに加入したものの8月3日にチームを離れており、フリーエージェントであった。

プネ・シティはイタリア・セリエAのフィオレンティーナが経営に参加していることで知られるインディアン・スーパーリーグのクラブ。

初年度はダビド・トレゼゲ、昨年はアドリアン・ムトゥをマーキープレイヤー(各チーム一人を獲得できるスター選手枠)として獲得しシーズンに臨んだが、それぞれ6位、7位と低迷している。

今季はカメルーン代表DFアンドレ・ビケイ、そして日本出身のインド代表MF和泉新などを獲得しており、初めての決勝トーナメント進出を狙っている。