ドイツ・ブンデスリーガのダルムシュタット98は「ホームスタジアムの名称をヨナタン・ハイムス・スタディオンに変更する」と公式発表した。

昨季ブンデスリーガ1部に昇格し、さらに14位での残留に成功したダルムシュタット。本拠地はメルク・シュタディオン・アム・ベーレンファルターという名称だった。

これはダルムシュタットの製薬会社であるメルクがネーミングライツを持っているためであり、クラブにとっては大きな収益になっている。

ところが、その名称が今季に限って変更されることになった。メルク社は1年間の契約を放棄し、権利を非営利団体に譲渡したのだ。

それは何故か?理由は、今年3月にダルムシュタットのファンであったヨナタン・ハイムス氏が死去したからである。

10代から癌との戦いを続けてきた彼は、26歳で力尽きこの世を去った。ダームシュタットは彼の人生に敬意を評し、彼の家族のアイデアに共鳴した。

そしてスポンサーであるメルク、ユニフォームスポンサーであるSoftware AGとも交渉の上、今季は「ヨナタン・ハイムス・スタディオン」という名称に変更して戦うことを決定。

これを記念して作られるユニフォームには非営利団体の「DUMUSSTKÄMPFEN」というロゴが入り、その販売による収益は寄付に回されるとのこと。